全国有効求人倍率から見る求人マーケットについて
※現在の状況の確認

求人媒体の変遷は、社会環境やITの普及により変化を遂げてきました。
フリーペーパーが主流になった2006年頃から、従来のアルバイト情報誌を購入する時代が終わり、また無料求人広告として活躍してきた新聞の折り込みチラシなども効果が薄れてきました。求人の掲載に関しては、従来通り紙媒体が強く、その紙媒体内でいかに自社の求人が目を引くかが反響結果に繋がる為、大きな枠を掲載して求人をあつめる事が主流となっておりました。

2008年頃からはインターネットの普及により、「PCから仕事を検索する」という新たなネット媒体が主流になり従来の紙媒体と併用した求人が増えて来ました。また社会情勢ではリーマンショックがあり、求人市場全体が仕事が無く、求職者が余ってしまう状態となり、遡って過去10年で最も採用しやすい時代で、募集を出せば人が集まるという時代でした。

2012年以降からは景気が回復し、求人数と求職者数の逆転現象が発生しており、一転して採用が困難な時代になりつつあります。 またスマートフォンに代表させるスマートメディアの爆発的な普及により、Web求人の利用率が高まり、紙媒体の効果が薄れております。 求人広告の掲載方法は「いかに目を引くか」の時代から「効果的に検索させる」を考えて掲載する様になってきております。2015年4月にバブル崩壊後最高の全国求人倍率1.09倍まで上昇し(全雇用形態)今後の求人傾向は誰も予想できない時代に突入しており、「未曾有の採用難」とも言われており、東京オリンピックの2020年まで求人倍率は上昇していくと予想されています。

適切な媒体選びと求職者のニーズを考えることで
応募効果は変える事ができます!

求人広告を掲載する上で経営者や採用ご担当者様がはじめに気になるのが、「費用はいくらかかるのか?」という点があげられると思いますが、それよりも大事なのが、そもそも貴社の人材募集に対して、「反響が取れるのか?」「費用対効果はどうなのか?」を忘れてはいませんか?

近年では、求人広告も紙媒体からネット媒体に変化を遂げ、広告取扱媒体が乱立している状況下の中で、どの広告に掲載したら良いか?どの広告が反響が取れるのか?または「どういう風に掲載したら良いか?」の選定が非常に難しくなっております。

その中で、各種媒体のキャンペーンなどで、「今なら○週間掲載無料!」「正価の~%引き」に目がいってしまいがちで、求人媒体本来の効果が出せていないのではないでしょうか?

各種求人媒体には求職者が集まる「色」があり、その「色」に合わせた求人掲載しないことには、適正な応募効果が見込めません。

「あつまる」求人広告を作る3つのサービス

求人広告には、その求人広告なりの特性がありターゲットとする性別や年齢だけではなくその求人媒体それぞれの「強み」があります。

単に働きたい人があつまる中で魅力的な広告を掲載すれば求職者が集まる訳ではなく、その広告の特性を見極め、お客様の求人広告の内容や集めたい求人の層がどの媒体にマッチングするかを求人広告代理店ならではの、多数ある取扱媒体から選定します。

新規掲載のお客様はもとより、現在掲載中のお客様には、無料で掲載中の求人媒体の効果測定を行い、適切な求人媒体をご案内するサービスを実施しております。

インターネットの普及に伴い、求人媒体は日夜変化を遂げております。従来の紙媒体も有効な手段ではありますが、近年ではインターネット媒体からの反響が多く、インターネット広告の掲載をする事が応募効果が高まる最良の手段となります。

このインターネット広告の掲載方法には集める為のテクニックがあり、このテクニックが無い場合は反響件数に大きな差がでます。

検索に対する設定など今までのノウハウを活かした掲載をする事により、お客様の求人を引き立たせる事が可能です。

数ある求人広告の中からお客様の求人を求職者が見つけるには、掲載方法も大切ですが、やはりそもそもの原稿内容が一番重要となります。

お客様の会社の強みや魅力を存分に引き立たせ、「働きたい」と思ってもらう事が反響数獲得の一番効果的な手法となります。

グラン・エムでは、様々な求人原稿を作成した実績とプロの制作スタッフが、訴求力の高い文章と画像を作成し、お客様の 求人広告を更に魅力のある内容で作成いたします。原稿作成料は無料となっており、効果に合わせて何度で作成します。

求人広告を制作る上で最も必要なのは「表現力」「条件力」「媒体力」の3つの力となります。
お客様がご要望いただく期間内に必要な人材を集める為には、この3つの力中のどれかひとつが欠けても求人は成立いたしません。
これらを実現する為に、グラン・エムではお客様のご要望をお聞きして、正直に調整、ご提案します。

お気軽にお問い合わせください。

Webから簡単にお問い合わせ出来ます。

お問い合わせはこちらから